カジノエックスの登録手順(5000円or50$入金不要ボーナスの貰い方も)|オンラインカジノゴルゴンゾーラ

カジノエックスの登録手順(5000円or50$入金不要ボーナスの貰い方も)

カジノエックスは世界標準の日本語を含む14言語以上に対応したカジノです。
こちらの記事ではカジノエックスの登録方法を徹底解説し、入金不要ボーナスの受け取り方法や登録後にした方が良いことを解説します。
オンラインカジノゴルゴンゾーラ

カジノエックスの登録手順徹底解説


それではカジノエックスの登録方法を早速解説します。
こちらのバナーをタップして、公式サイトにアクセスしてください。
↓↓↓↓↓

公式サイトにアクセスができたら、ホームページの上部にある「登録!」ボタン、もしくは右下にある、「今すぐサインアップ!」ボタンをクリックします。
「登録!」ボタンをクリックするとアカウントの解説画面に移動するので、以下の情報を入力します。
 

メールアドレス
パスワード
氏名
生年月日
郵便番号
住所
ユーザーID
電話番号

氏名と住所は英語でも日本語でもどちらでも大丈夫です。

登録情報の入力

上部の情報を全部入力したら通貨を選択して、利用規約とプライバシーポリシー、GDPR(一般データー保護規則)に目を通してチェックボックスにチェックをいれます。
キャンペーン情報を受け取りたくない場合、「キャンペーン情報をメールで受け取る」チェックボックスをオフにしてください。

アカウント認証

入力内容に誤りがないことを確認したら、表示している数字4桁の認証コードを入力して「登録」ボタンを押します。
カジノエックスではSNSのアカウントでログインする事もできますので、SNSアカウントでログインしたい場合は、右側にある「ソーシャルボタンによるログイン」をクリックしてログインしてください。
カジノエックスでログイン可能なSNSアカウントは以下のとおりです

  • グーグル+
  • ヤフー
  • タブラー
  • リンクトイン
  • フェイスブック

「登録」ボタンをクリックすると登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、通常使用のメールソフトを起動してメールを確認してください。

無事、メールが届いてる場合は、メールの本文の中にある認証リンクをクリックします。
受信トレイや迷惑メールフォルダにもメールが見当たらない場合、迷惑メールの設定を変更してから「承認用URLの再送」ボタンをクリックして、再度メールを送信して受け取ってください。

認証リンクをクリックするとカジノエックスのマイページに移動します

画面上部に「Your Email has been confirmed」というメッセージがあればアカウントの登録は完了です。

入金不要登録ボーナスの貰い方を丁寧に解説します。

当サイト経由で5000円or50$の入金不要ボーナスはもらえます。ボーナスコードを入れないと貰えないのはそのサイトが登録させようとする嘘です。
ボーナスの付与はメールアドレスと電話番号の認証完了後自動で付与されます。
受け取り申請する必要は無し。
※ボーナスの賭け条件は50倍で、有効期限は72時間。また、1度の掛け金で持ってるボーナスの20%以上は賭けられないので注意が必要です。

入金ボーナスの制約について

また、カジノエックスでは登録ボーナスとして、新規登録会員を対象にしたウェルカムパッケージも用意しております。
ウェルカムパッケージでは5回目までの入金額に応じて最大\200,000のボーナスを受け取れることが可能です。
ウェルカムパッケージは20EUR以上の入金で10日間200回のフリースピンも貰えます。スロットがメインという方でもなるだけ受け取っておきたいところです。

  • 入金ボーナスのルール

入金回数ごとの反映率は以下のとおりです。

ボーナス率 入金条件 最大 出金条件
1回目 200% 2,000円以上 5,000円 25倍
1回目 150% 5,000円以上 30,000円 25倍
1回目 100% 50,000円以上 200,000円 30倍
2回目 100% 4,000円以上 30,000円 25倍
3回目 50% 5,000円以上 40,000円 20倍
4回目 50% 5,000円以上 50,000円 20倍
5回目 25% 5,000円以上 75,000円 20倍

※1回目は入金額によってボーナスが異なります。
他のオンラインカジノと比べてもかなり大きな金額なので、ボーナスをもらってギャンブルをしたい場合、お得にプレイできます。

カジノエックス登録後にやること


カジノエックスに登録した後は入金するところから始まります。
作成したアカウントにログインすると画面上部に「入金」ボタンが表示されるまで、まずは「入金」ボタンをクリックしてください。
「入金」ボタンをクリックすることで入金画面に移動します。

画面上に利用可能な入金方法が一覧で表示されますので、任意の入金方法を選択してください。
例として、エコペイズを選択します。

エコペイズのアイコンをクリックしたら入金する金額を入力して、「支払う」ボタンをクリックします。
「支払う」ボタンをクリックすればエコペイズのホームページに移動するので、順を追って入金手続きを完了してください。
最低入金額は入金手順によって違います。以下の通り。

JCB ¥1,000
VISA ¥1,500
MasterCard ¥2,000
AmericanExpress ¥2,000
DISCOVER ¥1,000
ecoPayz ¥2,000
iWallet ¥2,000
VenusPoint ¥2,000
ecoVoucher $10
BitCoin ¥1,000
Ethereum ¥1,000
Ripple ¥1,000
LiteCoin ¥1,000

入金方法によっては少額でも可能ですが、前にご紹介したウェルカムパッケージは最低\2,000を入金しなければ低起用されません。
入金ボーナスを受け取りたい方は必ず\2,000以上入金するように注意が必要です。

まとめ

カジノエックスは豊富なゲーム数と確かな利便性を兼ね備えた人気のオンラインカジノです。
誰でも登録が簡単で、登録ボーナスも内容が非常に充実しているので、ボーナスを重視する人は是非プレイしてみてくださいね。
スポーツブックにも対応しているのでスポーツファンにもおすすめです。

2021年最新!カジノエックスの出金方法について

カジノエックスの出金方法を一つずつ徹底解説!
一先ず、出金方法、手数料、所要時間、限度額についてまとめましたので確認してください。
出金方法 手数料 所要時間 限度額

  • エコペイズ 2回目まで無料 約1時間程度 1,000~200,000円
  • アイウォレット 2回目まで無料 約1時間程度 1,000円~500,000円
  • ヴィーナスポイント 2回目まで無料 約1時間程度 1,000円~200,000円
  • Bitcoin 2回目まで無料 約1時間程度 1,000~2,000,000円
  • ripple 2回目まで無料 約1時間程度 1,000~2,000,000円
  • ethereum 2回目まで無料 約1時間程度 1,000~2,000,000円
  • litecoin 2回目まで無料 約1時間程度 1,000~2,000,000円

カジノエックスでは電子決済と仮想通貨のシュッっ金が可能です。基本的には入金で使用した決済方法しか利用できません。
クレジットカードで入金した場合は、上記のどの方法でも選択できますが、最低1回以上の入金履歴がなければ出金方法として利用する事ができないです。
クレジットカード入金の際は、出金したい決済方法でもう1回入金が必要となるので注意が必要。
電子決済入金→電子決済出金、仮想通貨入金→仮想通貨出金とおぼえておきましょう。
・手数料
出金方法 手数料

  • エコペイズ 2回目まで無料
  • アイウォレット 2回目まで無料
  • ビーナスポイント 2回目まで無料
  • ビットコイン 2回目まで無料
  • リップル 2回目まで無料
  • イーサリアム 2回目まで無料
  • ライトコイン 2回目まで無料

カジノエックスでは、全ての出金方法が1日2回まで手数料無料で利用できます。
3回目以降の出金には10%の手数料が発生するので、出金は1日2回までにすると良いと思われます。
所要時間
出金方法 所要時間

  • エコペイズ 約1時間程度
  • アイウォレット 約1時間程度
  • ビーナスポイント 約1時間程度
  • ビットコイン 約1時間程度
  • リップル 約1時間程度
  • イーサリアム 約1時間程度
  • ライトコイン 約1時間程度

カジノエックスの出金所要時間は、約1時間程度になっています。
サポートに問い合わせましたが、決済代行会社の都合上詳細な時間を答えることができないとの回答でした。
もし、出金に何時間もかかるようであれば、出金に時間がかかっている事をサポートに問い合わせるのが良いでしょう。
限度額
出金方法 限度額

  • エコペイズ 1,000~200,000円
  • アイウォレット 1,000~500,000円
  • ビーナスポイント 1,000~200,000円
  • ビットコイン 1,000~2,000,000円
  • リップル 1,000~2,000,000円
  • イーサリアム 1,000~2,000,000円
  • ライトコイン 1,000~2,000,000円

カジノエックスの出金限度額は決済方法によって違います。
リストを見ると仮想通貨による出金が一番限度額が高く設定されています。
また、カジノエックスには1回の限度額だけでなく1ヶ月の限度額が決められていて、100,000ドル(約10,000,000円)となっていますので、ハイローラーは注意が必要です。

カジノXの良い評判、悪い評判の転載

・業界最大級の入金ボーナスプロモーション
カジノエックスでは初回の入金から5回目までの入金でボーナスを受け取ることができ、その内容は下記に書きます。

  • 初回入金 いずれかを選択 最大5,000円の200%ボーナス
  •              最大30,000円の150%ボーナス
  •              最大200,000円の100%ボーナス
  • 2回目入金        最大30,000円の100%ボーナス
  • 3回目入金        最大40,000円の50%ボーナス
  • 4回目入金        最大50,000円の50%ボーナス
  • 5回目入金        最大75,000円の25%ボーナス

合計395,000円のボーナスということでサラリーマンの平均月収を超えています。余裕でギャンブルできますね!

  • すごいお得なリベートボーナス

毎回のゲームの別途を通じて貯まっていく「リベート」というボーナスがあり、大変お得です。
リアルマネーをベットすると、1%相当がリベートボーナスとして蓄積されていきます。
そして、翌週月曜日にはアカウントにボーナスとして付与されていきます。
カジノエックスのリベートボーナスは最大の魅力は賭け条件の低さ。
驚くべきことにわずか3倍という事で、ほぼ、キャッシュと同じ様に扱うこともできます。
賭ければ賭けるほどリベートボーナスは貯まっていきます。
カジノエックスのヘビーユーザーやハイローラーには見逃せない内容となっていますね?
・高い安全性
カジノエックスが取得しているライセンスは、キュラソー政府発行のライセンスです。
キュラソーライセンスは、比較的取得が容易と評判ですので、案先生については疑わしく思う人も少なくないと思います。
しかし、カジノエックスでは運営の中で第三者機関TSTとeCOGRAを入れて厳しい審査も受けています。
TSTにおける監査は日常的に受けており、何かあったらTSTから指摘が入るものと思います。
・日本語サポート体制が充実
現在多くのオンラインカジノが日本語に対応しており、カジノエックスもそれに外れません。
サイトが日本語言語に対応しているため安心安全にプレイができます。何かトラブルが生じた場合に頼りにするサポート体制も日本語言語で問い合わせが可能となっています。
※実際にトラブルが発生した場合でもメール、ライブチャット、電話、LINEの4種類の方法により、問い合わせが可能です。
オンラインカジノでは 入金出金ボーナス、ゲーム中、など色々な状況でトラブルは発生するもの
そんな時に日本語で問い合わせることが可能なのは、注目するポイントです。
・スポーツベットも遊べる。
カジノエックスではブックメーカーも取り扱っているため、同じアカウントでスポーツベットも楽しむことが可能です。
※オンライン梶尾とスポーツベットの両方をプレイしたいユーザーに高い評価を受けています。
不正やイカサマが起こらないと分かってもそれでも不安を感じるという方は、イカサマが絶対おこらないスポーツベットがおすすめです。
ブックメーカーはサッカーやテニスを中心として色々なスポーツを取り扱っているので、豊富な選択肢から自分好みに賭け方を選びます。
また、スポーツだけではなく「スペシャル」という賭け方が要しされているので、カジノエックスの面白いところは具体的には、
・とあるドラマの結末はどうなるのか?
・次期大統領は誰が当選するか
といったような内容があります。
カジノエックスに登録していれば、このような面白いベットが可能なので、同じ遊び方に退屈してるひとは趣向を変えて遊べるので、とくに高い人気を博しています。

カジノエックスの入金方法について

2021年最新!カジノエックスのオンラインスロットおすすめランキング

15. Esqueleto ExplosivoⅡ
14.Oiran Dream
13.Majestic Megaways
12.Gold Rush
11.Iron Bank
10.Bonanza Megaways
9.Danger High Voltage
8.Battle Dwarf
7.Wolf Gold
6.Sweet Alchemy
5.Starburst
4.Honey Rush
3.Moon Princess
2.Sweet Bonanza
1.White Rabbit

ココモ法の徹底解説

ココモ法とは何か?賭け事の決まり。システムベッティングと呼ばれています。ココモ法とは、負けた時に掛け金を2倍にしていくマーチンゲール法を亜種させたシステムベッティングで、1回の勝ちでそれまでの損失額をすべからく取り返せるのが特徴的なシステムです。ココモ方は3倍配当のゲームで利用できますので、絶対利益を確定したい人におすすめです。
・ココモ方の利点
資金がなくても利用できる
ココモ法では連続して負けた場合でも最初の方は資金はそれほど上がりません。そのため、資金が少ない場合での利用ができるシステムベッティングとして知られてます。
100ドル以下の資金でも十分活用できるので、低リスクと言えます。
1回の勝ちで利益を出せる
ココモ法は得た利益は、何連敗した後に勝利をするかによって異なります。
そして、ココモ法では勝ちと負けを繰り返したとしても、負けが続けば続くほど、その後に買った時の配当額が多くなります。
連敗してしまうと資金の掛け金が大きくなるので、精神的なプレッシャーが多くなりますが、その分1勝した時に得られる利益が大きくなります。リスクを支払った分、ハイリターンが期待できる所がココモ法の有意義な点でしょう。
・ココモ法の欠点
ココモは比較的リスクの無いシステムベッティングですが、どのような欠点があるでしょうか?
欠点1 2倍配当ゲームで利用する事ができない
ココモ法は3倍配当ゲームで使用できるシステムベッティングであり、2倍配当ゲームでは使うことができません。連敗をすればするほど損失額が膨らみ、数回勝利したとしてもそれは回収できません。
カジノゲームでは3倍配当のゲームよりも2倍配当のゲームの方が種類は豊富です。なので、ココモ法は利用できるゲームが限定されてしまう所がデメリットとして挙げられます。
欠点2:連敗する可能性が高い
ココモ方は3倍配当ゲームで利用します。3倍配当ゲームでは、勝率は3分の1、つまり33.33333….%になります。通常、運が悪いと連敗が続いてしまいます。例えば、勝率が2分の1の2倍配当ゲームと3倍配当ゲームの5連敗する確率は以下の様になります。

  •       2倍配当  3倍配当
  • 負けの確率  50%   66.666…%
  • 2連敗の確率 25%   約44%
  • 3連敗の確率 12.5% 約29%
  • 4連敗の確率 6.25% 約19%
  • 5連敗の確率 3.125% 約13%

以上のように2倍配当ゲームで5連敗する確率は5&未満ですが、3倍配当ゲームでは10%もあります。なので、ココモ法を利用したとしても1勝する前に資金が底をついてしまう可能性があります。
欠点3:マックスベットに達してしまうことがある。
ココモ法は勝率が3分の1なので、連敗の可能性について取り上げました。そして、連敗する賭け金の上がり方が急になるので、その点は注意が必要です。例えば、ココモ法で最初の賭け金を1ドルとして15連敗した場合は以下の様に賭け金が膨らむ可能性があります。

ゲーム回数 勝敗 賭け金 累計損益
1ゲーム目 $1 -$1
2ゲーム目 $1 -$2
3ゲーム目 $2 -$4
4ゲーム目 $3 -$7
5ゲーム目 $5 -$12
6ゲーム目 $8 -$20
7ゲーム目 $13 -$33
8ゲーム目 $21 -$54
9ゲーム目 $34 -$88
10ゲーム目 $55 -$143
11ゲーム目 $89 -$232
12ゲーム目 $144 -$376
13ゲーム目 $233 -$609
14ゲーム目 $377 -$986
15ゲーム目 $610 -$1596

最初のうちは賭け金は緩やかですが、10連敗以上した時に賭け金は跳ね上がります。この場合、テーブルリミットが賭け金のりもっとに達してしまい、ゲームが継続できなくなる場合があるので注意がが必要です。
カジノゲームによって、テーブルリミットは違いますが、低い場合100ドルに設定されてるゲームもありますので、最初の賭け金が1ドルで11連敗した場合にテーブルリミットに達する事になります。
・ココモ法の使い方
ココモ法ではマーチンゲール法と同じ様に、前回のゲームで賭けた金額をベースに、次のゲームで賭け金を決めます。
ココモ方で最初の賭け金を1ドルに設定したとすると、1つのこのゲームで負けた場合、次のゲームでも同額の1ドルを賭けます。
さらに負けた場合、次の賭け金は1ゲーム目の賭け金と2ゲーム目の賭け金を合わせた2ドルを賭けます。このゲームでも負けた場合、次のゲームでは2ゲーム目の賭け金と3ゲーム目の賭け金を合わせた、3ドルを賭けます。そして、同じ様に5ゲーム目では計算して5ドルを賭けます。
このようにココモ法では前回と前々回の賭け金を合算するものを賭けて行きます。負けが続いた場合は以下のように賭け金をせってしていきます。

  • 1ゲーム目 負            $1
  • 2ゲーム目 負            $1
  • 3ゲーム目 負 1ゲームと2ゲーム目の合計 1+1          $2
  • 4ゲーム目 負 2ゲームと3ゲーム目の合計 1+2          $3
  • 5ゲーム目 負 3ゲームと4ゲーム目の合計 2+3          $5
  • 6ゲーム目 負 4ゲームと5ゲーム目の合計 3+5          $2
  • 7ゲーム目 負 5ゲームと6ゲーム目の合計 5+8          $13
  • 8ゲーム目 負 6ゲームと7ゲーム目の合計 8+13          $21
  • 9ゲーム目 負 7ゲームと8ゲーム目の合計 13+21          $34
  • 10ゲーム目 負 8ゲームと9ゲーム目の合計 21+34          $55

勝利した場合、賭け金を最初の1ドルに戻します。ここでココモ法の1サイクルが終りとなり、利益を獲得できます。
ココモ法では負けたら賭け金額を増やす、買ったら最初の賭け金に戻す、というシンプルなルールです。誰でもすぐに実践で活用できます。
・どんなゲームに使えるか
ココモ方が利用できるのはカジノゲームの中でも3倍配当のゲームで利用できます。3倍配当のゲームはルーレットのColumn(カラム)とDozen(ダズン)のみになります。
ルーレットのカラムベットでは、テーブルの同じ列に並んでいる12の数字に賭けます。
数字は「1 4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34」、「2 5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 35」、「3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36」のようにグループ分けされています。
一方、ルーレットのダズンベットでは、数字は最初の12(1~12)、2番目の12(13~24)最後の12(25~36)というふうにに分けられてます。ともに勝率は3分の1であり、勝利した際には賭け金の3倍が支払いされます。
・ココモ法シュミレーション
1ゲーム目
このシュミレーションは最初の賭け金を1ドルにします。最初のゲームで負けた場合、累計損益は-1ドルです。
2ゲーム目
ココモほうでは前回と前々回のゲームの合計を賭けますが、ここまではまだ2ゲーム目なので、1ゲーム目と同じ金額の1ドルを賭けます。
2ゲーム目も負けた場合、累計損益は-2ドルになります。
3ゲーム目
ここでは1ゲーム目と2ゲーム目の合計の賭け金2ドルを賭けます。
3ゲーム目も負けた場合累計損益は-4ドルになります。
4ゲーム目
このゲームでの賭け金は2ゲーム目と3ゲーム目の賭け金の合計である3ドルです。そして、ここで最初にゲームに勝ったとすると、払戻金は9ドルあるので、累計損益は2ドルとなります。
5ゲーム目
4ゲーム目で勝利したのでここで賭け金は1ドルに戻ります。
ゲーム回数  賭け金  勝敗  配当  累計損益
1ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -1ドル
2ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -2ドル
3ゲーム目  2ドル   ✕  0ドル   -4ドル
4ゲーム目  3ドル   ○  9ドル   2ドル
5ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -1ドル
6ゲーム目  1ドル   ○  3ドル   +2ドル
7ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   +1ドル
8ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   0ドル
9ゲーム目  2ドル   ✕  0ドル   -2ドル
10ゲーム目  3ドル   ✕  0ドル   -5ドル
11ゲーム目  5ドル   ✕  0ドル   -10ドル
12ゲーム目  8ドル   ✕  24ドル   +6ドル
このようにココモ法は一度の勝利で必ずプラスになるようになっています。これを2倍配当のゲームで使った場合、払戻金はそれまでの損失額を回収できないので、損失が増えてしまいます。
例えば2倍配当のゲームだとすると、4ゲーム目で勝った場合でも配当が6ドルあり、累計損益は-1ドルとなります。
3倍配当のゲームではココモ法を繰り返していけば確実に利益を積み重ねることができます。
・ココモ法最大連敗確率
ココも法の欠点でも述べたとおり、ココも法では連敗が続いてしまう可能性があります。
理論上、3倍配当のゲームでずっと負け続けるということはありませんが、ごく希に負け続けてしまう場合があります。
連敗をする可能性を表にすると以下になります。17回連続で負ける確率は1万分の1であり、かなり低い数値になることになります。
この数字を見る限り、どんなに運がなくても、10連敗以上する事は理論上ありえません。

ゲーム数 連敗の確率 賭け金
1ゲーム目 66.67% 1
2ゲーム目 44.44% 1
3ゲーム目 29.63% 2
4ゲーム目 19.75% 3
5ゲーム目 13.17% 5
6ゲーム目 8.78% 8
7ゲーム目 5.85% 13
8ゲーム目 3.90% 21
9ゲーム目 2.60% 34
10ゲーム目 1.73% 55
11ゲーム目 1.14% 89
12ゲーム目 0.75 144
13ゲーム目 0.5% 233
14ゲーム目 0.33% 377
15ゲーム目 0.22% 610
16ゲーム目 0.14% 987
17ゲーム目 0.09% 1597

・ココモ法の損切りライン
ココモ法は1回勝てば利益を出す事ができるので、連敗すればするほど利益が大きくなるという特徴があります。こうなってるので、いつまでも損切りをせずココモ法を継続してしまうプレイヤーがたくさんいます。つまり一回の勝利を期待して、ゲームにハマります。しかし、テーブルリミットや資金を考慮するとある程度連敗が続いた場合損切りをするのが有効です。
まず、資金が不足してきたら早めに損切りをすると○。このまま連敗したら後2回しかゲームが継続できないという状況ならばリスクが高いので一度ココモ法をリセットして、賭け金を最初からにすることをおすすめします。
資金に関係なく、○連敗したらリセットするというようにあらかじめ損切りポイントを決めておくのが良いと思います。
3倍配当のゲームでは連敗が続くことも考えられるので、あらかじめ損切りについては考えておくことあ大負けをしないためのポイントになります。
・ココモ法とモンテカルロ法を比較
システムベッティングの中で一番知られてるのがモンテカルロ法というものです。ここでは、ココモ法トモンテカルロ法について比較します。
モンテカルロ法とは
モンテカルロ法とは
モンテカルロ法は守りのタイプのシステムベッティングだと言われていて、カジノを始めたばかりの初心者にもおすすめです。モンテカルロ法はココも法とは異なり、3倍配当ゲームだけではなく、2倍配当のゲームでも活用できます。
モンテカルロ法では最初の3つの連続した数字を用意します。この3つの数字は資金によって好きなものを選んでください。リスクを抑えたい場合は小さい数字、利益を出したいのであれば大きい数字を指定します。
まずわかりやすいように数列(1,2,3)を使って解説します。
モンテカルロ法では数列の両端の数字を足したものを賭け金として、設定します。そのため数列が(1,2,3)の場合、両端の1ドルと3ドルを足した4ドルが賭け金になります。
ゲームで負けた場合は賭け金を数列の右側に足します。つまり(1,2,3,4)と変化する
一方、勝ったゲームは数列の両端の数字を削除します。2倍配当のゲームは両端から1つずつ、3倍配当のゲームは両端から2つずつ数字を削除するのがポイントです。2倍配当のゲームであれば数列は(1,2,3)から(2)になります。
モンテカルロ法は勝ち負けによって、上記のルールに従って数列に数字を加えたり、削除したりを繰り返します。数列に数字が1つしか残ってなかったら、または数字がなくなった場合、これ以降のゲームを継続できません。つまりこれがモンテカルロ法の勝ちポイント、利益が出たタイミングです。
1サイクルが終了したら、また数列を最初の(1,2,3)に戻してゲームを再開します。モンテカルロ法はこのように数列が必要なので、ココモ法とではやり方が違います
・利益を生みやすいのはココモ法
ココモ法はでは1勝した時に利益が確定します。しかし、モンテカルロ法では1勝しただけでは利益を出すことができず、数列の数字が1または0になるまで勝ち続けなければいけません。
そのため、モンテカルロ法では利益を出すまで長く時間がかかってしまうことがあるのです。さらにモンテカルロ法では2倍配当のゲームを利用した場合、1サイクルが終了したときでも、希に利益が出ない場合があります。
そのため、ココモ法では1勝したタイミングで必ず利益がでます。そのため、確実に稼げ技たいのであれば、モンテカルロ法よりもココモ法の方が向いてるといえます。
簡単なのはココモ法
モンテカルロ法は人気のベッティグシステムですが、数列を使うため、紙とペンを用意しなければいけません。また数列の数字を追加したり削除したりを繰り返すため、慣れていない場合は計算を間違える可能性があります。
一方でココモ方では前回と前々回の賭け金を次のゲームに賭けるだけなのでとてもシンプルに初心者でも実践できます。
資金が少ない場合はモンテカルロ法
ココモ法とモンテカルロ法はともに賭け金が上がり方が緩やかなベッティングシステムです。しかし、ココも法は10連敗以上すると、賭け金の上がり方がいきなり急になります。そのため、資金が少ないと、途中でゲームを続行するのが難しくなります。
一方でモンテカルロ法は、連敗に関係なく、常に賭け金は緩やかに上昇するため、資金が少ない方でも安心して取り組めます。
幅広く使えるのはモンテカルロ法
ココモ法では3倍配当のゲームでしか効果は得られませんが、モンテカルロ法では2倍配当のゲームと3倍配当のゲームで効果を得られます。
3倍配当のゲームはルーレットのカラム、ダズンに限られてしまいますが、2倍配当のゲームにはルーレットの赤、黒、奇数、偶数、ハイ・ロー、ブラックジャック、バカラなどたくさんのゲームがあります。
そのためゲームに限定されることなく、ベッティングシステムを使用したいのであれば、モンテカルロ法を選ぶのが利便性が高いといえます。
・よくある質問、ココモ法
ココモ法におすすめする人は?
ココも法はリスクを抑えつつも確実に利益を生み出すことができるベッティングシステムです。そのため、リスクは取りたくないけど、利益もある程度出したい、という人におすすめです。ココモ法はベッティングシステムの中でもリターンとリスクのバランスの良い戦略です。そのためカジノゲームを始めた初心者におすすめです。
ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できます
ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できますが、ただし競馬やスポーツベッティングでは「3倍配当」のオッズが一定ではありません。そのため、スポーツベッティングでココモ法を利用するならオッズが3倍配当のものに賭けるようにしましょう。
ココモ法はカジノで禁止されてますか?
一部のカジノではココモ法の利用を金しているところもあります。しかし、ココモ法を使用したからといってカジノに極端に利益が減るわけではないので、ほとんどのカジノではココモ法を使用しても問題ありません。またオンラインカジノでは規約に書いてないので、問題なく利用が可能です。
マーチンゲール法とココモ方の違いは何ですか?
マーチンゲール法とココモ法は、ともに1度の勝利でそれまでの損失額を取り戻せるという特徴があります。しかし、ココモ法では前回と前々回のゲームの賭け金の合計を次のゲームの賭け金で設定するのに対し、マーチンゲール法では前回の賭け金の2倍を次のゲームで賭けます。そのため、賭け金の上がり方に大きな違いがでます。
ココも法と相性がいいゲームはどんなゲームですか?
まずココモ法を使用するのには、3倍配当のゲームを選ばないといけません。次に連敗することを見越して、テーブルリミットの高い設定のゲームを選ぶといいでしょう。テーブルリミットが100ドル、200ドルなど低い場合、賭け金が上限に達するので、強制的に損切りをしなければなりません。
ココモ法を他のベッティグシステムと組み合わせることはできますか?
ココモ法を利用してより利益を出したい場合、2コラム2ダズンベット法と合わせるのがおすすめです。2コラム2ダズンベット法はココモ法の勝率の低さを補ってくれるので、高い勝率を維持しつつ高配当を狙えるようになります。
 

ムーンプリンセス攻略法

オスカーズグラインド法徹底解説

カジノやオンラインカジノのギャンブルでは、「オスカー図グラインド法」と呼ばれる必勝法があります。この方法を活用すれば、長期戦に向いていて、マイスナスを減らすことができます。では?オスカーグランド法とはどのような手法なのでしょうか?
オスカーグラインド法とは何か?について紹介します。やり方も徹底的に詳細を解説します。
・オスカーグラインド法とは?特徴やメリットを紹介
オスカーグラインド方は、ローリスク・ローリタ-ンな方法なので、安全に勝ちたい方やコツコツ稼ぎたい人に向いてます。では、オスカーグラインド法とはどのような手法なのか説明していきましょう。
・オスカーグラインド法の特徴・賭け方
オスカーグラインド法はシンプルに3つのルールにしたがって、賭け金をベットしていく方法です。それは3つの法則です。

  • 買った時に賭け金を数ドル増やす
  • 負けた時は賭け金を変えない
  • 収支が±0かプラスになったら止める、最初に戻る

この方法を使えbあ、収支を0に持っていきやすく、最初に勝ったとき、連勝したときのみ利益をキープしやすくないります。内容は至ってシンプルですが、ローリスクで着実に稼ぐ方法でもあります。
・オスカーグラインド法のメリット
オスカーグラインド方の最大のメリットは、ローリスクでギャンブルを楽しめる事です。
負けた時からオスカーグラインド法を使い、負け続けたときでも勝ったときに賭け金を増やすので±0・プラスになるまでの1セットでマイナス分をチャラにすることができるでしょう
・オスカーズグラインド法のデメリット
オスカーズグラインド法のデメリットは、ローリターンな方法であり、あくまでも大きなマイナスを阻止する方法なので、大きな利益を生みにくい点があります。
一攫千金を狙ってるような人には向いてないでしょう。また、勝ち負けが交互に連続すると1セットが長引いてしまいます。途中で止めるリスクがある事を注意しましょう。
・オスカーズグラインド法と相性が良いゲーム
オスカーズグラインド方は勝ち負けの確率が同じゲームと相性が良いです。
実際に勝率50%のゲームであれば負けた時にオスカーズグラインド法を実施し、その1セットを±0にすれば、勝った時に理系の積み重ねができます。
ここからはオスカーズグラインド法と相性が良いゲームを解説します。

  • ルーレット

「ルーレット」はカジノやオンラインカジノでメジャーなゲームであり、通常オンラインカジノであれば、基本的にどこでも遊べるでしょう。
倍率は2倍から36倍あり、もっとも倍率が低めなのは、赤か黒を当てるもので、勝率hあ50%で2倍です。
勝率も様々で無難あゲームから攻める賭けまで楽しむことができます。この赤・黒を選ぶゲームであれば、オスカーズグランド法を使えると思います。また、「1~12」「13~24」「25~36」の数字を当てる場合の勝率は33%で3倍になります。
自分の好きな賭け方ができる点も、ルーレットの魅力の一つなので、自分にあった賭け方をみつけてみるのがおすすめです。オスカーズグラインド法を利用すれば倍率の小さいけどもローリスクで着実に稼ぎやすいでしょう。

  • ブラックジャック

ブラックジャックは勝つか負けるかの勝率50%のゲーム。配られたカードの合計が「21」に近いほうが勝ちで、Aのみ「1」と「11」のどちらかをカウントし、「10」「J」「Q」「K」は「10」とカウントします。
もちろんブラックジャックが苦手な人もいますが、純粋な勝負として、ルーレットと同じ勝率になるので、オスカーズグラインド法を使いやすいと思います。
本当のカジノだと、山札からカードを消費していくので、出たカードを記憶していけば残りのカードを予測できるので、後半の戦略を立てやすく、勝ちが見越せます。
オンラインカジノの場合、1回1回でゲームがリセットされることが多いため、カードを覚えても意味がないと思いますが、勝率は50%なので10%法を使いやすいです。
・バカラ
バカラもブラックジャックやルーレットと同じくカジノの定番です。バカラのルールは単純で配られたカードの合計が9に近いほうが勝ちであり、この勝負を推測するゲームです。
カードゲームですが、ブラックジャックより運要素が強くなり、どちらかというとルーレットに近い勝率のゲームと呼べるでしょう。
勝率50%のゲームに有効な必勝法はいくつかり、他の方法と組み合わせて勝率を高めていくこともできます。
もし、リスクを抑えて稼ぎたい場合はオスカーズグラインド法を実践してみるのも良いでしょう。
 

ダランベール法徹底解説

フランスのジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われる手法です。とても簡単な戦法で、
・勝ったt機に賭け金を1減らす
・負けた時に賭け金を1増やす
というものです。
 
勝った時でも負けたときでも、資金の増減を緩やかにするのがメリットです。仮に連敗があっても次の勝ちで一気に取り戻せるという訳ではないですが、ある程度は取り戻せます。短期勝負ではなく、長い期間で勝負するのに向いていると思います。
ルーレットやバカラ、ブラックジャック等の50%の確率で配当が2倍以上のゲームで有効です。
例: 最初に5連敗して、そのあと5連勝した場合

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 × × × × ×
賭け金 1 2 3 4 5 6 5 4 3 2
損益
(配当が2倍の場合)
-1 -3 -6 -10 -15 -9 -4 0 3 5

ドローポーカー徹底解説

1.ドローポーカーとは
ドローポーカーとは、配布された4枚のトランプで役を作り、相手との役の強さを競い合うゲームです。
相手のカードがわからないため、1ゲーム中ので2回ある賭け金の引き上げを利用して相手との駆け引きを楽しむことがキモです。
ポーカーにはいくつか種類があり、ドローポーカーは「クローズドポーカー」と呼ばれるポーカーの1種です。
日本では有名なルールですが、世界的にはマイナーなルールです。
他には「スタッドポーカー」「フロップポーカー」という手札の一部を見せる種類のポーカーが存在し、海外ではこちらのほうが一般的です。
2。ドロ-ポーカーのルール
ポーカーでは数字に強さが決まります。
Aが一番強く、次にK。そこからQ~3までに順番通りに行き、2が一番弱い数字です。

  1. ストレートフラッシュ
  2. フォーカード
  3. フルハウス
  4. フラッシュ
  5. ストレート
  6. スリーカード
  7. ツーペア
  8. ワンペア
  9. ハイキッカー

3.ドローポーカーの進め方
ドローポーカーのゲームのススメ方を順番にご紹介します。ドローポーカーの流れは以下のとおりです。

  1. アンディを払う
  2. カードを配る(5枚)
  3. ベッティンググラウンド(1回目)
  4. カード交換
  5. ベッティンググラウンド(2回目)
  6. ショーダウン

カジノのテーブルでは「100-200-400」といった数字が書かれて数字が記載されています。数字から左は「アンティ・スモールベット・ビッグベット」です。
アンティはあ参加費です。
スモールベットはスモールbラインド(SB)と呼ばれるプレイヤーのベット額です。ビッグベットはビックブラインド(BB)と呼ばれるベット額です。

  • アンティ(参加費)を払う

席に座り、ディーラーからカードが配られrます。アンティと呼ばれる参加費を払います。
アンティの値段はテーブルごとに違いますが。基本的には1回目の賭け金のベットの1/4が主流です。

  • ディーラーの決定

ドローポーカーのディーラーはプレイヤーが行います。プレイヤーが1枚ずつカードを配り、一番強いカードを配られたプレヤーが担います。ディーラーにはボタン(ディーラーの証)が置かれます。

  • ベットタイム

ボタン(ディーラー)の左隣をスモールブラインド(SB)、更にSBの左隣りをビックブラインド(BB)と呼びます。SB,BBのプレヤーはアンティとは別に金額をベットしなければなりません。SBはスモールベット、BBQはビックベットの金額をベットします。
 

  • カードの配布

ブラインドが支払われた後、ディーラーからカードがSBから時計回りに配られる、1枚ずつ、合計5枚配られます。

  • 賭け金の引き上げ(1回目)

BBの左隣(ただのプレイヤー)を基準に時計回りで5枚カードが配られ、ベット、コール、レイズ、フォールドのどれかの行動を起こせます。

ベット ベットはバにチップが出されていないときに金額をベットする
コール コールは自分より前にアクションするプレイヤーがベットした金額に対してそれと同じ金額を出すこと
レイズ レイズは、先にベットしたプレイヤーに対してベットされた金額の倍以上をベットし、賭け金を上げる方法です。自分の持ち金すべてをベットする事を「オールイン」と言います。
フォールド フォールドは自分より前にアクションするプレイヤーのベットに対し、自分の金額をベットせず、そのゲームから降りることを指します。アンティとそれまでベットしたすべのチップを失います。
チェック チェックは、場になにもチップがないときに、ベットせず次のプレイヤーにアクションを回します。
  • カード交換

全員の賭け金が揃うとカード交換になります。
自分の不要な枚数をディーラーに戻し、ディーラーから同じ数のカードが配られます。交換する枚数に制限はなく、0枚~5枚まで交換できます。
また、自分のカードが弱くても、以降カード交換はできません。

  • 賭け金の引き上げ(2回目)

完成した自分の役をもとに再度、ベット、コール、レイズ、チェック、フォールドのいずれかの行動を繰り返します。
1回目の賭け金の引き上げと同様に全員の賭け金が揃うまで行動を繰り返します。

  • ショーダウン

全員の賭け金がそろうと、ショーダウンになります。
お互いの手札を見せ合って、一番強い役を持っていたプレイヤーが勝利し、ゲームで出されたすべてのチップを総取りdけいます。
4.ドローポーカーのコツ

  • ブラフを使いこなす

ドローポーカーにブラフは必要です。本当は自分の札は強くないが、強くレイズといったようなベッティング行動を起こすことによって、相手には自分は強い札を持っていると思いわせるテクニックです。
相手に強いと思わせることができ、相手を降ろさせ、場にあるチップを総取りできるのです。

  • フォールドをうまく使う

ドローポーカーは我慢のゲームと言われています。毎回自分の思うような札ができないのが、ドローポーカーです。
1回目の掛け金の引き上げをコールで回し、手札交換で運にかけるという選択肢もありますが、あなたの理想の札が来る確率は極めて低いです。
 
いい札が来なかった場合、あなたのチップは相手に取られてしまいます。運任せのゲームを繰り返していては本当に良い札が来る前に貴方の資金は溶けます。
そうならないためにフォールドが必要です。札が悪い時はアンティだけ支払ってフォールドしましょう。ドローポーカーは我慢のゲームなのです。

  • ドローポーカーの無料アプリ

実際にカジノに行く前にドローポーカーを練習したい、そんなに人にはPOKERSTARSです。
POKERSTARSは無料で利用ができるオンラインポーカーサイトで世界中の人がリアルタイムで参加してるため、世界中の人とドローポーカーをプレイできます。
また、トーナメントも随時開催されてます。
最初はノーリミットホールデムといういわゆるカジノのような持ち金がすべて自分のものになる方法で経験を積みましょう。
慣れてきたら、最初に参加費を払い、全員同じチップ量からスタートするトーナメントに参加し、運を試してみましょう。
ポーカーのプロプレイヤーというのは日本では余り知られてませんが、世界では子供の将来になりたい職業トップであり、トーナメントの優勝賞金は数十億という夢のある教義です。
 
是非、始めてみましょう!

2021年最新!日本人向けオンラインカジノ人気ランキング

モンテカルロ法徹底解説

1.モンテカルロ法とは?
決められた数列を作り、ベット額を数列に従って決めていく方法です。
モンテカルロ法は数ある攻略野中でも、「長期戦でコツコツと利益を稼ぐことができる方法」と言われています。この攻略法で「カジノひとつが潰れた」という噂が出るまでになっていますが、実際どうだったのか都市伝説となっております。
 
これから、それほど注目されてるモンテカルロ法とは何なのか?実際にオンラインカジノで勝てるのか?検証・開設していきたいです。
 
・モンテカルロ法のメリット・デメリット
モンテカルロ法の利点・メリット
モンテカルロ法は一言で言うと「長期コツコツ法」です。マーチンゲール法よりもリスクが少なく、攻略ができた時点で、利益を確定する事ができます。モンテカルロ法は攻略してる感覚が強く、ゲーム性が増すので、オンラインカジノをしていくなかで一度は是非おすすめします。
・モンテカルロ法のデメリット
モンテカルロ法の欠点として、数字を記入していく必要があり、若干面倒なことです。数式の記述にはルールがあるので、覚える必要があります。数式にはルールがあり、覚える必要があるのですが、記入する事であやふやな記憶に頼よることなく、堅実にモンテカルロ法を実践できます。まずは紙とペンを用意します。
リスクが低いといっても連敗が続けばトータルのベット数は増えていくので、ある程度ベット上限の高いゲームを選ぶと良いでしょう。
2.モンテカルロ法を使うときに気をつけたいポイント
使い方を間違えて損益を出さないため実際に使う時のポイントと注意点をしっかり把握しましょう。

  • 「3倍配当」のゲーム・ルーレット・ダズンベット・コラムベット
  • 紙とペンを使って、数列をメモしながら攻略
  • 低リスクでコツコツ。だたし十分な軍資金は必要

・どんなゲームに使えるか覚える
モンテカルロ法は硬派にで使用できる攻略と言えます。ですが、キホ的には3倍配当のゲームで利用する方法だと覚えておきましょう。3倍配当のゲームとしてはルーレットの「ダズンベット」(1ダース12点賭け「コラムベット」(1ダース1列12点賭け)が代表的。
バカラなど2倍配当でも使えますが、場合によっては連勝によって締めないと、セットが終わった時点で利益が確定しない時もありますので注意が必要です。
・紙とペンを用意しましょう
モンテカルロ方は実践するとき、「紙とペン」を使って、数字を喜寿チュしていきましょう。頭で覚えることはできますが、ゲームが長引くと数列を覚えr切れずベット数を誤ってしまい、セット終了後に利益が残らないという事になる可能性があります。数列に数字を記入したり、けしたりしてルールをしっかりと熟知し、間違いのないように記述していきましょう。
・長期戦でコツコツできる方向け
キホテンキには長期戦を想定した攻略法といえます。短期で終わる場合もありますが、連敗が続くと1セット終わらせるのに時間がかかります。そのため、淡々と勝負を決めたい人には不向きになります。コツコツと少しずつ利益を確定していく人が性にあってる人、また、時間に余裕があるときに使うようにしましょう。モンテカルロ法では焦りと油断は禁物¥です。
・リスクは低い・・・しかし軍資金はある程度必須
マーチンゲール法よりひゃリスクが低めと開設しましたが、負けた時にベット数が増えるという特徴は同じですが、場合により総ベット数は大きくなります。モンテカルロ方においても、攻略法が示すベットができなくなると攻略が崩壊する。
ギャンブルでは何が起こるかわからないので、最悪の展開が起こる事を想定して、ベット数の上限が高いゲームで遊ぶのが良いです。
3.モンテカルロ法の本来の意味と名前の由来
オンラインカジノの攻略方法として有名なモンテカルロ法は、決められた数列を作り、ベット数を数列によって決めていく方法です。ただし、大きな意味では「乱数を用いたシミュレーション」のことを指します。
例をだすと、6面のサイコロを降った結果は6分の1です。しかし、目が出てくる順番は全く判りません。それぞれ、600回降ればおよそ100回出る可能背は確率的に高いですが、それぞれの面が必ずなんか院出るかということは順番はわからにのです。
自然現象などが関係し、複雑すぎて溶けないものをシミュレーションで解こうというものの一つがモンテカルロ法です。
・モンテカルロ法の名前の由来
モナコ公国に「モンテカルロ」という名前の地区があります。モンテカルロ法の由来は色々と推察されるものの、モンテカルロという地名にあります。
このモンテカルロ攻略法によってモンテカルロのカジノが破産したとうい噂もあれば、モンテカルロ法で莫大な借金をした人がいるとか、定かではありません。
どの説においてもギャンブルで有名な街であるモナコの「モンテカルロ」が由来になっていると言われています。
4.モンテカルロ法まとめ
数列を用いた攻略法のモンテカルロ方は、淡々とベットして続けて、つまらないと思った人には一度是非やってほしい攻略法。1回1回の勝負で数列が変化していき、攻略が1セット終了して利益が出た場合の気持ちは試した人にしか分からない感覚でしょう。
勝負の結果を記述していく必要があるため、ディーラーがいるランドカジノではなく、一人で打つオンラインカジノ向けであることは覚えておきましょう。利益の積み上がり方は早い法ではないので、気軽にコツコツ賞美したい人はモンテカルロ法を試してみてくださいね。
カジノエックス公式サイトへはコチラのバナーからどうぞ
↓↓↓↓↓




ベラジョン無料版と似たサービスとして、
ベラジョンカジノがありますが、
ベラジョン無料版とベラジョンカジノは、運営元が異なっていまして、
ベラジョン無料版は、Centrix社という会社が運営している完全無料のサービスです

ベラジョン無料版公式サイトはコチラ
↓↓↓↓↓↓
ベラジョン無料版公式サイトへ
運営元は違いますが、
完全日本語対応でお金を賭けて遊べるオンラインカジノ、
ベラジョンカジノ公式サイトはコチラ
↓↓↓↓↓