入金不要ボーナス$35!ギャンボラカジノの登録方法|オンラインカジノゴルゴンゾーラ

入金不要ボーナス$35!ギャンボラカジノの登録方法

ギャンボラカジノの登録手順解説

ギャンボラカジノに登録する手順、順を追って詳しく解説する。ギャンボラカジノの登録はそれほど難しくありませんが、入力するためにページが変わるので、若干面倒臭さがあるかもしれません。
ギャンボラカジノ公式サイト

画面の「今すぐ登録!」というボタンをクリックします。

そうすると、「まずはメールアドレスを入力」というメッセージをクリックします。

メールアドレス入力画面になって、メールアドレスを入力します。ヤフーとかグーグルとか、お好みで。
メールアドレスを入力すると次は「ログイン情報の設定」をクリックします。

すると以下のパスワード設定画面に移動します。
パスワードに使える文字は、

  • アルファベット大文字Ⅰ文字以上
  • アフファベット少文字Ⅰ文字以上
  • 数字1文字以上
  • 最低8文字以上

セキュリティーを高めるのにも、なるべく破られない複雑なパスワードを設定することをおすすめします。
パスワードの設定が完了すると、自動的に携帯電話番号の入力画面に移動します。

電話番号の入力が完了すると、
次はギャンボラネームの入力を設定します。

他のサイトで言うと、ユーザーIDのようなもの。アルファベット3文字以上で設定します。
ギャンボラネームの設定が終わったら、「詳細の入力」をクリックします。


その後、フルネームの入力を求められます。
文字通り、名前なので、名前→苗字の順にアルファベットを入力していきましょう。
フルネームの入力が終わると、次は性別の選択です。

続いて、郵便番号を入力します。

続いて、住所の入力です。先程入力した郵便番号に従って、該当する住所の入力は既に入力されています。中目以下の住所を英語で入力します。

続いて、生年月日の入力です。

西暦と月と年の順に入力します。
最後に、規約の同意を求められます。

全ての規約に同意しなければ登録することはできません。
問題がなければ「同意する」をクリックします。
認証コードの入力画面になりますので、「認証コード取得」クリクします。

すると、登録した電話番号あてにSMSで4桁の認証コードが届きます。
届いたその認証コードを入力します。

間違いがなければ、ギャンボラカジノのアカウント登録は完了です。アカウントに入力すれば、様々なゲームをプレイできます。

入金不要ボーナスの受け取り方解説


ギャンボラカジノでは、アカウントを登録すれば35ドル分の無料登録ボーナスを受け取る事ができます。入金は一切必要ないので、ノーリスクでプレイができます。
アカウントが登録すれば自動的にボーナスが進呈されます。
・登録ボーナスの出金条件
ギャンボラの登録ボーナスは10倍の出金条件が設けられてます。
つまり350ドルのベットをすれば出金可能ということです。
※他のオンラインカジノサイトを見ると、大体20倍から40倍で出金条件が設けられてます。
そのためギャンボラの登録サービスの出金条件は、オンラインカジノ業界からみて、甘いと推測されます。
条件をクリアした場合、最高で100ドルまで出金が可能です。
・登録ボーナスの注意点
ギャンボラは全てのゲームで出金条件を、100%に反映されるわけではありません。
ゲームの種類毎に細かく消化率は定められてます。具体的には以下の内容になります。

ゲームの種類 出金条件出荷率
スロット全般 100%
テーブルゲーム・ライブカジノ 10%

スロット以外で消化率は実質的な出金条件は70倍になるという事です。
また除外ゲームもありますので、注意が必要です。

Microgaming: Immortal Romance, scrooge, castle builder, ragnarok, Forsaken Kingdom, Tomb Raider, Peek-A-bo
NetEnt: WIsh Master, Delight, Dead or Alive, Dead or ALive2, Blood suckers, Robin Hood, Champion of the Track, Big Bang, Joker Pro
PlaynGo: Tower quest, Fire joker, Wizard of Gems, Eyve of the Kraken, Golden ticker, Energoonz, Pimped, Pearls of India, Gemix, Gunslinger, Royal Masquerade, Rage to riches, Golden Ticker 2.

 
また最大書け金額の設定がりあmす。スロットが5ドル、テーブルゲーム、ライブカジノが20ドル。
一度でもこの金額を超過するベットを行うと、ボーナスが出金dけいない可能性がありますので、注意が必要です。

入金してハイレートのリベートボーナスを利用しましょう!

無料の登録ボーナスは非常にお得なのですが、それではギャンブルの楽しさを味合うことは厳しいです。
よりお楽しみいただくには、やはりアカウントの入金が不可欠です。
ギャンボラで利用できる入金方法は以下の通りです。

入金方法 入金可能額 入金手数料
クレカ(VISA) 10~2,500ドル 無料
クレカ(JCB) 10~1,000ドル 無料
クレカ(MasterCard) 10~1,000ドル 無料
ビーナスポイント 10~2万5000ドル 無料
エコペイズ 10~2万5000ドル 無料
スティックペイ 10~2万5000ドル 無料
マッチベター 10~1万ドル 無料

電子決済も入金も比較的高額です。ハイローラーの人にも安心安全!
H3:入金手順解説
ギャンボラのアカウントに資金を入金する詳細な手順を解説します。サイトにログインできたら画面右上の「入金」をクリックしてください。

リストの中から入金したい方法を1つを選んでください。

入金額を入力したら、「入金」という黄色いボタンをクリックします。

クレジットカード番号を入録して、番号とCVC、有効期限を入力して、最後に「確定」をクリックします。

名前は既に入力済みです。
クレジットカードの3Dセキュアが設定している場合、その認証を認証してください。

初回入金後のリベートレートは3.2%!

ギャンボラには「ギャンボラプラス」というリベートボーナスが存在します。通常のギャンボラプラスのレートは約0.8%です。
しかし、初回から3回目の入金で、そのレートが瀑上げされ、4倍に上昇。
※入金してから2時間後まで3.2%というとてもハイグレードなレートでリベートが稼げます。
業界の中でも異例中の異例。
そのため初回から3回目までの入金直後の2時間は、できるだけ丸々プレイできるように時間を確保しましょう。
もちろん4回目以降の入金もリベートされます。ギャンボラはプレイすればするほど、資金が自然に増えていくとてもお得なオンラインカジノです。

ギャンボラカジノの良い評判・悪い評判を徹底解説

オンラインスロットおすすめランキング2021年最新版【人気機種を大公開】

ココモ法について

ココモ法とは何か?賭け事の決まり。システムベッティングと呼ばれています。ココモ法とは、負けた時に掛け金を2倍にしていくマーチンゲール法を亜種させたシステムベッティングで、1回の勝ちでそれまでの損失額をすべからく取り返せるのが特徴的なシステムです。ココモ方は3倍配当のゲームで利用できますので、絶対利益を確定したい人におすすめです。
・ココモ方の利点
資金がなくても利用できる
ココモ法では連続して負けた場合でも最初の方は資金はそれほど上がりません。そのため、資金が少ない場合での利用ができるシステムベッティングとして知られてます。
100ドル以下の資金でも十分活用できるので、低リスクと言えます。
1回の勝ちで利益を出せる
ココモ法は得た利益は、何連敗した後に勝利をするかによって異なります。
そして、ココモ法では勝ちと負けを繰り返したとしても、負けが続けば続くほど、その後に買った時の配当額が多くなります。
連敗してしまうと資金の掛け金が大きくなるので、精神的なプレッシャーが多くなりますが、その分1勝した時に得られる利益が大きくなります。リスクを支払った分、ハイリターンが期待できる所がココモ法の有意義な点でしょう。
・ココモ法の欠点
ココモは比較的リスクの無いシステムベッティングですが、どのような欠点があるでしょうか?
欠点1 2倍配当ゲームで利用する事ができない
ココモ法は3倍配当ゲームで使用できるシステムベッティングであり、2倍配当ゲームでは使うことができません。連敗をすればするほど損失額が膨らみ、数回勝利したとしてもそれは回収できません。
カジノゲームでは3倍配当のゲームよりも2倍配当のゲームの方が種類は豊富です。なので、ココモ法は利用できるゲームが限定されてしまう所がデメリットとして挙げられます。
欠点2:連敗する可能性が高い
ココモ方は3倍配当ゲームで利用します。3倍配当ゲームでは、勝率は3分の1、つまり33.33333….%になります。通常、運が悪いと連敗が続いてしまいます。例えば、勝率が2分の1の2倍配当ゲームと3倍配当ゲームの5連敗する確率は以下の様になります。

  •       2倍配当  3倍配当
  • 負けの確率  50%   66.666…%
  • 2連敗の確率 25%   約44%
  • 3連敗の確率 12.5% 約29%
  • 4連敗の確率 6.25% 約19%
  • 5連敗の確率 3.125% 約13%

以上のように2倍配当ゲームで5連敗する確率は5&未満ですが、3倍配当ゲームでは10%もあります。なので、ココモ法を利用したとしても1勝する前に資金が底をついてしまう可能性があります。
欠点3:マックスベットに達してしまうことがある。
ココモ法は勝率が3分の1なので、連敗の可能性について取り上げました。そして、連敗する賭け金の上がり方が急になるので、その点は注意が必要です。例えば、ココモ法で最初の賭け金を1ドルとして15連敗した場合は以下の様に賭け金が膨らむ可能性があります。

ゲーム回数 勝敗 賭け金 累計損益
1ゲーム目 $1 -$1
2ゲーム目 $1 -$2
3ゲーム目 $2 -$4
4ゲーム目 $3 -$7
5ゲーム目 $5 -$12
6ゲーム目 $8 -$20
7ゲーム目 $13 -$33
8ゲーム目 $21 -$54
9ゲーム目 $34 -$88
10ゲーム目 $55 -$143
11ゲーム目 $89 -$232
12ゲーム目 $144 -$376
13ゲーム目 $233 -$609
14ゲーム目 $377 -$986
15ゲーム目 $610 -$1596

最初のうちは賭け金は緩やかですが、10連敗以上した時に賭け金は跳ね上がります。この場合、テーブルリミットが賭け金のりもっとに達してしまい、ゲームが継続できなくなる場合があるので注意がが必要です。
カジノゲームによって、テーブルリミットは違いますが、低い場合100ドルに設定されてるゲームもありますので、最初の賭け金が1ドルで11連敗した場合にテーブルリミットに達する事になります。
・ココモ法の使い方
ココモ法ではマーチンゲール法と同じ様に、前回のゲームで賭けた金額をベースに、次のゲームで賭け金を決めます。
ココモ方で最初の賭け金を1ドルに設定したとすると、1つのこのゲームで負けた場合、次のゲームでも同額の1ドルを賭けます。
さらに負けた場合、次の賭け金は1ゲーム目の賭け金と2ゲーム目の賭け金を合わせた2ドルを賭けます。このゲームでも負けた場合、次のゲームでは2ゲーム目の賭け金と3ゲーム目の賭け金を合わせた、3ドルを賭けます。そして、同じ様に5ゲーム目では計算して5ドルを賭けます。
このようにココモ法では前回と前々回の賭け金を合算するものを賭けて行きます。負けが続いた場合は以下のように賭け金をせってしていきます。

  • 1ゲーム目 負            $1
  • 2ゲーム目 負            $1
  • 3ゲーム目 負 1ゲームと2ゲーム目の合計 1+1          $2
  • 4ゲーム目 負 2ゲームと3ゲーム目の合計 1+2          $3
  • 5ゲーム目 負 3ゲームと4ゲーム目の合計 2+3          $5
  • 6ゲーム目 負 4ゲームと5ゲーム目の合計 3+5          $2
  • 7ゲーム目 負 5ゲームと6ゲーム目の合計 5+8          $13
  • 8ゲーム目 負 6ゲームと7ゲーム目の合計 8+13          $21
  • 9ゲーム目 負 7ゲームと8ゲーム目の合計 13+21          $34
  • 10ゲーム目 負 8ゲームと9ゲーム目の合計 21+34          $55

勝利した場合、賭け金を最初の1ドルに戻します。ここでココモ法の1サイクルが終りとなり、利益を獲得できます。
ココモ法では負けたら賭け金額を増やす、買ったら最初の賭け金に戻す、というシンプルなルールです。誰でもすぐに実践で活用できます。
・どんなゲームに使えるか
ココモ方が利用できるのはカジノゲームの中でも3倍配当のゲームで利用できます。3倍配当のゲームはルーレットのColumn(カラム)とDozen(ダズン)のみになります。
ルーレットのカラムベットでは、テーブルの同じ列に並んでいる12の数字に賭けます。
数字は「1 4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34」、「2 5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 35」、「3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36」のようにグループ分けされています。
一方、ルーレットのダズンベットでは、数字は最初の12(1~12)、2番目の12(13~24)最後の12(25~36)というふうにに分けられてます。ともに勝率は3分の1であり、勝利した際には賭け金の3倍が支払いされます。
・ココモ法シュミレーション
1ゲーム目
このシュミレーションは最初の賭け金を1ドルにします。最初のゲームで負けた場合、累計損益は-1ドルです。
2ゲーム目
ココモほうでは前回と前々回のゲームの合計を賭けますが、ここまではまだ2ゲーム目なので、1ゲーム目と同じ金額の1ドルを賭けます。
2ゲーム目も負けた場合、累計損益は-2ドルになります。
3ゲーム目
ここでは1ゲーム目と2ゲーム目の合計の賭け金2ドルを賭けます。
3ゲーム目も負けた場合累計損益は-4ドルになります。
4ゲーム目
このゲームでの賭け金は2ゲーム目と3ゲーム目の賭け金の合計である3ドルです。そして、ここで最初にゲームに勝ったとすると、払戻金は9ドルあるので、累計損益は2ドルとなります。
5ゲーム目
4ゲーム目で勝利したのでここで賭け金は1ドルに戻ります。
ゲーム回数  賭け金  勝敗  配当  累計損益
1ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -1ドル
2ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -2ドル
3ゲーム目  2ドル   ✕  0ドル   -4ドル
4ゲーム目  3ドル   ○  9ドル   2ドル
5ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   -1ドル
6ゲーム目  1ドル   ○  3ドル   +2ドル
7ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   +1ドル
8ゲーム目  1ドル   ✕  0ドル   0ドル
9ゲーム目  2ドル   ✕  0ドル   -2ドル
10ゲーム目  3ドル   ✕  0ドル   -5ドル
11ゲーム目  5ドル   ✕  0ドル   -10ドル
12ゲーム目  8ドル   ✕  24ドル   +6ドル
このようにココモ法は一度の勝利で必ずプラスになるようになっています。これを2倍配当のゲームで使った場合、払戻金はそれまでの損失額を回収できないので、損失が増えてしまいます。
例えば2倍配当のゲームだとすると、4ゲーム目で勝った場合でも配当が6ドルあり、累計損益は-1ドルとなります。
3倍配当のゲームではココモ法を繰り返していけば確実に利益を積み重ねることができます。
・ココモ法最大連敗確率
ココも法の欠点でも述べたとおり、ココも法では連敗が続いてしまう可能性があります。
理論上、3倍配当のゲームでずっと負け続けるということはありませんが、ごく希に負け続けてしまう場合があります。
連敗をする可能性を表にすると以下になります。17回連続で負ける確率は1万分の1であり、かなり低い数値になることになります。
この数字を見る限り、どんなに運がなくても、10連敗以上する事は理論上ありえません。

ゲーム数 連敗の確率 賭け金
1ゲーム目 66.67% 1
2ゲーム目 44.44% 1
3ゲーム目 29.63% 2
4ゲーム目 19.75% 3
5ゲーム目 13.17% 5
6ゲーム目 8.78% 8
7ゲーム目 5.85% 13
8ゲーム目 3.90% 21
9ゲーム目 2.60% 34
10ゲーム目 1.73% 55
11ゲーム目 1.14% 89
12ゲーム目 0.75 144
13ゲーム目 0.5% 233
14ゲーム目 0.33% 377
15ゲーム目 0.22% 610
16ゲーム目 0.14% 987
17ゲーム目 0.09% 1597

・ココモ法の損切りライン
ココモ法は1回勝てば利益を出す事ができるので、連敗すればするほど利益が大きくなるという特徴があります。こうなってるので、いつまでも損切りをせずココモ法を継続してしまうプレイヤーがたくさんいます。つまり一回の勝利を期待して、ゲームにハマります。しかし、テーブルリミットや資金を考慮するとある程度連敗が続いた場合損切りをするのが有効です。
まず、資金が不足してきたら早めに損切りをすると○。このまま連敗したら後2回しかゲームが継続できないという状況ならばリスクが高いので一度ココモ法をリセットして、賭け金を最初からにすることをおすすめします。
資金に関係なく、○連敗したらリセットするというようにあらかじめ損切りポイントを決めておくのが良いと思います。
3倍配当のゲームでは連敗が続くことも考えられるので、あらかじめ損切りについては考えておくことあ大負けをしないためのポイントになります。
・ココモ法とモンテカルロ法を比較
システムベッティングの中で一番知られてるのがモンテカルロ法というものです。ここでは、ココモ法トモンテカルロ法について比較します。
モンテカルロ法とは
モンテカルロ法とは
モンテカルロ法は守りのタイプのシステムベッティングだと言われていて、カジノを始めたばかりの初心者にもおすすめです。モンテカルロ法はココも法とは異なり、3倍配当ゲームだけではなく、2倍配当のゲームでも活用できます。
モンテカルロ法では最初の3つの連続した数字を用意します。この3つの数字は資金によって好きなものを選んでください。リスクを抑えたい場合は小さい数字、利益を出したいのであれば大きい数字を指定します。
まずわかりやすいように数列(1,2,3)を使って解説します。
モンテカルロ法では数列の両端の数字を足したものを賭け金として、設定します。そのため数列が(1,2,3)の場合、両端の1ドルと3ドルを足した4ドルが賭け金になります。
ゲームで負けた場合は賭け金を数列の右側に足します。つまり(1,2,3,4)と変化する
一方、勝ったゲームは数列の両端の数字を削除します。2倍配当のゲームは両端から1つずつ、3倍配当のゲームは両端から2つずつ数字を削除するのがポイントです。2倍配当のゲームであれば数列は(1,2,3)から(2)になります。
モンテカルロ法は勝ち負けによって、上記のルールに従って数列に数字を加えたり、削除したりを繰り返します。数列に数字が1つしか残ってなかったら、または数字がなくなった場合、これ以降のゲームを継続できません。つまりこれがモンテカルロ法の勝ちポイント、利益が出たタイミングです。
1サイクルが終了したら、また数列を最初の(1,2,3)に戻してゲームを再開します。モンテカルロ法はこのように数列が必要なので、ココモ法とではやり方が違います
・利益を生みやすいのはココモ法
ココモ法はでは1勝した時に利益が確定します。しかし、モンテカルロ法では1勝しただけでは利益を出すことができず、数列の数字が1または0になるまで勝ち続けなければいけません。
そのため、モンテカルロ法では利益を出すまで長く時間がかかってしまうことがあるのです。さらにモンテカルロ法では2倍配当のゲームを利用した場合、1サイクルが終了したときでも、希に利益が出ない場合があります。
そのため、ココモ法では1勝したタイミングで必ず利益がでます。そのため、確実に稼げ技たいのであれば、モンテカルロ法よりもココモ法の方が向いてるといえます。
簡単なのはココモ法
モンテカルロ法は人気のベッティグシステムですが、数列を使うため、紙とペンを用意しなければいけません。また数列の数字を追加したり削除したりを繰り返すため、慣れていない場合は計算を間違える可能性があります。
一方でココモ方では前回と前々回の賭け金を次のゲームに賭けるだけなのでとてもシンプルに初心者でも実践できます。
資金が少ない場合はモンテカルロ法
ココモ法とモンテカルロ法はともに賭け金が上がり方が緩やかなベッティングシステムです。しかし、ココも法は10連敗以上すると、賭け金の上がり方がいきなり急になります。そのため、資金が少ないと、途中でゲームを続行するのが難しくなります。
一方でモンテカルロ法は、連敗に関係なく、常に賭け金は緩やかに上昇するため、資金が少ない方でも安心して取り組めます。
幅広く使えるのはモンテカルロ法
ココモ法では3倍配当のゲームでしか効果は得られませんが、モンテカルロ法では2倍配当のゲームと3倍配当のゲームで効果を得られます。
3倍配当のゲームはルーレットのカラム、ダズンに限られてしまいますが、2倍配当のゲームにはルーレットの赤、黒、奇数、偶数、ハイ・ロー、ブラックジャック、バカラなどたくさんのゲームがあります。
そのためゲームに限定されることなく、ベッティングシステムを使用したいのであれば、モンテカルロ法を選ぶのが利便性が高いといえます。
・よくある質問、ココモ法
ココモ法におすすめする人は?
ココも法はリスクを抑えつつも確実に利益を生み出すことができるベッティングシステムです。そのため、リスクは取りたくないけど、利益もある程度出したい、という人におすすめです。ココモ法はベッティングシステムの中でもリターンとリスクのバランスの良い戦略です。そのためカジノゲームを始めた初心者におすすめです。
ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できます
ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できますが、ただし競馬やスポーツベッティングでは「3倍配当」のオッズが一定ではありません。そのため、スポーツベッティングでココモ法を利用するならオッズが3倍配当のものに賭けるようにしましょう。
ココモ法はカジノで禁止されてますか?
一部のカジノではココモ法の利用を金しているところもあります。しかし、ココモ法を使用したからといってカジノに極端に利益が減るわけではないので、ほとんどのカジノではココモ法を使用しても問題ありません。またオンラインカジノでは規約に書いてないので、問題なく利用が可能です。
マーチンゲール法とココモ方の違いは何ですか?
マーチンゲール法とココモ法は、ともに1度の勝利でそれまでの損失額を取り戻せるという特徴があります。しかし、ココモ法では前回と前々回のゲームの賭け金の合計を次のゲームの賭け金で設定するのに対し、マーチンゲール法では前回の賭け金の2倍を次のゲームで賭けます。そのため、賭け金の上がり方に大きな違いがでます。
ココも法と相性がいいゲームはどんなゲームですか?
まずココモ法を使用するのには、3倍配当のゲームを選ばないといけません。次に連敗することを見越して、テーブルリミットの高い設定のゲームを選ぶといいでしょう。テーブルリミットが100ドル、200ドルなど低い場合、賭け金が上限に達するので、強制的に損切りをしなければなりません。
ココモ法を他のベッティグシステムと組み合わせることはできますか?
ココモ法を利用してより利益を出したい場合、2コラム2ダズンベット法と合わせるのがおすすめです。2コラム2ダズンベット法はココモ法の勝率の低さを補ってくれるので、高い勝率を維持しつつ高配当を狙えるようになります。
 

ムーンプリンセス攻略法

オスカーズグラインド法について

ダランベール法入金不要ボーナス$35!ギャンボラカジノの登録方法

ドローポーカー入金不要ボーナス$35!ギャンボラカジノの登録方法

2021年最新!日本人向けオンラインカジノおすすめランキング

モンテカルロ法について

 
 




ベラジョン無料版と似たサービスとして、
ベラジョンカジノがありますが、
ベラジョン無料版とベラジョンカジノは、運営元が異なっていまして、
ベラジョン無料版は、Centrix社という会社が運営している完全無料のサービスです

ベラジョン無料版公式サイトはコチラ
↓↓↓↓↓↓
ベラジョン無料版公式サイトへ
運営元は違いますが、
完全日本語対応でお金を賭けて遊べるオンラインカジノ、
ベラジョンカジノ公式サイトはコチラ
↓↓↓↓↓