モンテカルロ法をオンカジで攻略するためにわかりやすく解説。アプリも紹介【2021年12月版】

モンテカルロ法をオンカジで攻略するためにわかりやすく解説。アプリも紹介【2021年12月版】

オンカジで使える攻略法のモンテカルロ法の紹介です

3倍配当ゲームの場合

3倍配当(ルーレットのダズン・カラムベット)での使い方から説明します。

結論だけ書くと、
数列の両端の数字を賭けて、勝ったら左右の両端2個ずつを消し、
負けたら賭けた額を右端に追加し、次ゲームでは両端を足した数字を賭ける。
を繰り返すのがモンテカルロ法です

1ゲーム目

「1 2 3」の数列を書きましょう。そして、両端の数字を足した単位を賭けます。
つまり、最初は4です。
勝った場合は、そのままでOK。
そのまま4単位を賭けて、むしれるだけむしりましょう

2ゲーム目

1ゲーム目で負けた場合は、賭けた金額(この場合は4)を、
最初に作った数列表の右端に追加して下さい。

1 2 3 4

2ゲーム目では、両端を足した5ドル(1+4)を賭けます。勝った場合は、やはり遊雅堂 (ゆうがどう)オンカジ運営者の顔がひきつるくらいむしりましょう。

3ゲーム目

2ゲーム目で負けた場合は、5を右端に追加。
つまり、2ゲーム目と同じ考え方ですね

1 2 3 4 5

3ゲーム目では、両端を足した6ドル(1+5)を賭け、勝った場合、左右両端の2個を消しましょう。この場合だと、1 2 3 4 5 となり3が残ります。

残りが1個になったので、これでモンテカルロ法は終了。3ドルの利益が出ましたね
このように、

数列の両端の数字を賭けて、勝ったら左右の両端2個ずつを消し、
負けたら賭けた額を右端に追加し、次ゲームでは両端を足した数字を賭ける。
を繰り返すのがモンテカルロ法です

全ての数字が消えるか、1個残った状態になったらそのセットは終了です。
次ゲームからは、また「1 2 3」の数列から始める。という形で、ゲームを進めていきます。

モンテカルロ法を使ってシミュレーションしてみたので、自分で考えながら確認してください。

2倍配当ゲームの場合

モンテカルロ法は、2倍配当のゲームである、バカラやブラックジャック、ルーレットの赤黒にも応用できる攻略法です

「両端の数字を足した金額を賭ける。」「負ければ、両端を足した数字を右端に追加する。」という点は同じです

違う点は、勝った時の数字の消し方で、
2倍配当のゲームでは、勝った場合には両端の数字を1個ずつ消します

2倍配当ゲームの場合
1 2 3 4 5(両端1個ずつを消す)

モンテカルロ法のアプリの紹介

モンテカルロ法を自動計算してくれるアプリがあるみたいなので、
これを活用して僥倖しましょう

https://umas.club/app-labouchere-system

いま物凄く人気が出ているオンカジのビットカジノを知ってますか?

仮想通貨での入出金なら出金制限がなく、本人確認不要で15秒で登録できるオンカジなんです
ビットカジノ公式サイトはコチラ
↓↓↓↓↓
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!